かんたん美味レシピ

ごはんのとも2種 <みそピー、ねぎふりかけ>

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。
全国的に新米が出そろう季節となりました。食卓に季節の移ろいを感じられるのは、日本ならではのことです。実りの秋、旬の食材をおいしく味わいたいものですね。
さて今回は、ふっくらと炊けたごはんと一緒に食べたい、ごはんのともを2種類ご紹介。甘じょっぱい<みそピー>は、ピーナッツの香ばしさも魅力。<ねぎふりかけ>も、くせになるおいしさ。どちらもごはんが進むので、食べすぎにご注意を。



材料
【作りやすい分量
<みそピー>

・ピーナッツ(殻なし、いったもの、塩なしのもの)…30g
・A[砂糖・みそ・みりん・酒各大さじ1]
<ねぎふりかけ>
・万能ねぎ…1束(100g)
・にんにく…小1片(5g)
・ごま油…小さじ1/2
・しょうゆ…小さじ1
・いりごま(白)…大さじ1/2

作り方
<みそピー>
【1】
A(砂糖・みそ・みりん・酒各大さじ1)は合わせる。
【2】
ピーナッツは皮をむく。フライパンに入れ、弱火で約2分、色づくまでいる。とり出す。
【3】
同じフライパンにAを入れて弱火にかけ、約1分、混ぜながらとろみをつける。ピーナッツを戻し入れ、からめる。
<ねぎふりかけ>
【4】
万能ねぎは長さ5~6mmに切る。にんにくはすりおろす。
【5】
フライパンにごま油とにんにくを入れて弱火で温め、香りがしてきたら万能ねぎを加える。弱めの中火で1分ほど炒め、しんなりしたら、しょうゆとごまを加えて混ぜる。

◎メモ  新米
水分を多く含んでねばりが強く、つやがあるのが特徴。以前は少なめの水分で炊いていましたが、今は通常の量で。炊飯器が調節してくれます。

献立の例 ごはん、いわしのかば焼き、さつまいものみそ汁

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2020年10月3日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2003年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP