かんたん美味レシピ

さけのやわらかバーグ

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。
国産のさけが旬を迎えます。さけは塩焼きやムニエルに、いためものやパスタの具にと、幅広く使える魚ですが、今回は、子どもやお年寄りも食べやすい、やわらかなひと口サイズの和風ハンバーグにしました。ふわふわ食感の秘密は、はんぺん。フォークの背でかんたんに細かくでき、ボリュームも加わります。しそのさわやかさに加え、レモンをしぼってさっぱりと食べられます。



材料
【2人分/1人分217kcal

・生さけ…2切れ(200g)
・はんぺん…1枚(100g)
・ねぎ…15cm
・しその葉…4枚
・しょうが…1かけ(10g)
[A]
・しょうゆ…小さじ1
・酒小さじ…1
・塩…少々

・サラダ油…小さじ1
・酒…大さじ1
・しその葉(飾り用)…4枚
・レモン…1/4個

作り方
【1】
はんぺんはフォークで細かくする。ねぎはみじん切り、しそ4枚は粗みじんに切る。飾り用のしそはせん切りにし、水にさらして水気をきる。しょうがはすりおろす。
【2】
さけは皮と骨を除き、4~5mm角にきざむ。A(しょうゆ小さじ1、酒小さじ1、塩少々)を加え、手でよく混ぜる。はんぺん、ねぎ、粗みじん切りのしそ、しょうがを加え、全体がまとまるまでさらによく混ぜる。
【3】
8等分にして丸く形作る。
【4】
フライパンに油を温め、【3】を中火で3分ほど焼く。焼き色がついたら上下を返し、酒を加える。ふたをして弱火にし、3~4分焼く。
【5】
皿に盛り、飾り用のしそをのせる。レモンを添える。

◎メモ  秋さけ 
日本で秋にとれるさけは「秋さけ」と呼ばれ、産卵のために生まれた川に戻ってくるもの。脂が少なく、やや白っぽい身が特徴です。

献立の例 ほうれんそうのおひたし、じゃがいものみそ汁、ごはん

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2020年9月12日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2003年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP