かんたん美味レシピ

豚肉のみそ漬け焼き

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。
本格的な夏を前に、気温も上がり、食欲がわかない日もあるのでは。こんなときこそ、しっかり食べて疲れが出ないようにしたいものです。今回紹介するのは、疲労回復効果がある豚肉のおかず。みそ味でごはんが進みます。
みそだれは冷蔵で約1日つけておけます。朝のうちにつけておけば、夜は焼くだけ。みそがこげやすいので、弱めの火加減で焼きましょう。
つけあわせは、旬を迎えたズッキーニとパプリカ。彩りと歯ごたえをプラスします。
つけおく時間は調理時間に含みません。



材料
【2人分/1人分302kcal
・豚ロース肉(しょうが焼き用)…6枚
[A]
・みそ大さじ…11/2
・砂糖…小さじ1
・酒…大さじ1
・みりん…大さじ2

・サラダ油…小さじ2
・ズッキーニ…1/2本(100g)
・パプリカ(黄)…80g
・塩…少々

作り方
【1】

ボールにA(みそ大さじ11/2、砂糖小さじ1、酒大さじ1、みりん大さじ2)のみそだれを合わせる。豚肉を広げて1枚ずつまんべんなくつけ、冷蔵庫に30分以上おく。
【2】
ズッキーニは1cm厚さの輪切りにする。パプリカは2cm幅、3cm長さに切る。
【3】
フライパンに油小さじ1を中火で温め、【2】の野菜を焼く。焼き色がついたら火を止め、塩少々をふって皿に盛る。
【4】
肉は、みそだれを軽くこそげとる。【3】のフライパンに油小さじ1をたし、弱めの中火で肉を1~2分焼く。焼き色がついたら、上下を返して裏も焼く。【3】の皿に盛る。

◎メモ みそだれ 
甘めのみそだれですが、砂糖はお好みで加減できます。淡色系の辛みそを使いましたが、赤色系のみそでも。

献立の例 たこときゅうりの二杯酢、とうふのすまし汁、ごはん

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2020年6月27日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2003年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP