季節の手作り

【トマトのうま味をぎゅっと凝縮】セミドライトマトのオイル漬け

Share on FacebookTweet about this on Twitter

真夏の日ざしでぜひ作りたい!ドライトマトは、 トマトのうま味がぎゅっと凝縮。
おうちで作るドライトマトは、やわらかいセミドライタイプで、料理に使うと、深い味わいが出ます。そのままワインのおともや、ディップやソースとしても便利です。

材料
【できあがり量約170g オリーブ油も含める】
・ミニトマト(赤・黄合わせて*)… 1パック(200g)
*どちらか1色でもよい。
[A]
塩…小さじ1/4
ドライオレガノ…小さじ1/2
にんにく… 1片(10g)
ローリエ… 1枚
黒こしょう(粒)…10粒
・オリーブ油 … 100~120ml
・保存びん、または保存容器(清潔なもの)






作り方
【1】ミニトマトを切る

ミニトマト1パック(200g)は洗って水気をペーパータオルでふきとる。

へたをとり、へたの部分と平行に半分に切る。

【2】ざるに並べ、干す

ミニトマトの切り口を上にして、ざるに並べる。風通しがよく、 日の当たる場所(ベランダなど)に置く。水分が抜け、最初の半分くらいの大きさになるまで1~2日干す(夜はとりこむ)。

◎日ざしが強くない時期や、天候の悪いときはオーブンでも作れる。
オーブンを120℃ (ガスオーブンなら110℃ )に予熱する。オーブン皿にクッキングシートを敷き、 ミニトマトの切り口を上にして並べ、水分が抜け、半分くらいの大きさになるまで約1時間半加熱する。

【3】オイルに漬ける

にんにく1片(10g)は皮をむく。【2】を瓶に入れてA(塩小さじ1/4、ドライオレガノ小さじ1/2、にんにく 1片、ローリエ1枚、黒こしょう10粒)を加える。

トマトがかくれるくらいまでオリーブ油(100~120ml)を加える。

【保存】

保存容器か瓶に入れ、冷蔵で約3週間。冷凍で約2か月。
◎冷えると油が固まるので、使うときは室温にもどす。油はパスタやサラダに使える。

<セミドライトマトのオイル漬けを使うアイデア
・チーズと盛り合わせれば、気軽な前菜に。
・ハーブやにんにくの香りと塩気がついているので、味のよいソースになります。
きざんでさっと炒めて、パスタソースにしたり、魚のソテーにかけたりしてもおいしい。

【手作りが好きな方におすすめの本】

とっておきの保存食とおすそ分けレシピ
作って楽しく、食べて幸せな気持ちになる、おいしい手作り食品のレシピが満載です。
定番の「梅酒」や「フルーツジャム」、ワインに合う「ドライトマト」や「肉のパテ」のほか、フルーツたっぷりの「サングリア」、「チキンナゲット」のレシピなど82品を掲載。
初めての方でも作れる、詳しいプロセス写真入り。料理のアレンジレシピもたっぷりと載せているので、毎日の料理作りに、また持ち寄りパーティ・友達へのおすそ分けに役立ちます。
ビニールカバー付きで、水濡れや汚れにも安心な仕様。

ベターホーム協会発行/B5判変型(180×230mm)/112ページ
税抜1,400円(税込1,512円)
2冊まで送料200円。3冊以上送料無料でお届けします。
※当ページのレシピも掲載されています。

 

PAGETOP