かんたん美味レシピ

炒めなます

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。

おせちに役立つレシピをご紹介します。炒めなますは、ごま油のコクとほどよい酸味、シャキッとした歯ざわりが酒肴(しゅこう)にも◎。冷蔵で約3日保存可能。【1】でおく時間は調理時間に含みません。





材料
【4人分/1人分99kcal】
・だいこん…150g
・にんじん…50g
・れんこん…80g
・干ししいたけ…2個
・しらたき…100g
・油揚げ…1枚
・さやえんどう…10枚
・ごま油…大さじ1
[A]
・砂糖…大さじ11/2
・酢…大さじ3
・うすくちしょうゆ…大さじ1
・しいたけのもどし汁…大さじ2
・塩…小さじ1/3

作り方
【1】
干ししいたけは水70ml(材料外)に40分ほどつけてもどし、薄切りにする。もどし汁大さじ2はとりおく。
【2】
さやえんどうは筋をとり、しらたきは食べやすい長さに切る。鍋に湯を沸かし、さやえんどうをさっとゆでて、とり出す。続けて同じ湯でしらたきもさっとゆでる。さやえんどうは斜め細切りにする。
【3】
だいこん、にんじんは4cm長さ、7~8mm幅のたんざく切りにする。れんこんは薄い半月切りかいちょう切りにし、水にさらして水気をきる。
【4】
油揚げは縦半分に切り、細切りにする。
【5】
鍋にごま油を温め、しらたきと【3】、【4】を中火でいためる。油がまわったらA(砂糖大さじ11/2、酢大さじ3、うすくちしょうゆ大さじ1、しいたけのもどし汁大さじ2、塩小さじ1/3)を合わせて加え、汁気がなくなるまでいためる。
【6】
器に盛り、さやえんどうをのせる。

◎メモ 干ししいたけ
ぬるま湯を使うと早くもどりますが、しいたけからうま味成分が溶け出しやすくもなります。水でじっくりもどすと、うま味成分を逃さず、よりおいしく仕上がります。

献立の例 とりの照り焼き、ごはん

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2019年12月14日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2001年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP