TOPICS

NHK「あさイチ」で紹介「いももちのバター焼き」

Share on FacebookTweet about this on Twitter

7月12日放送のNHK「あさイチ」でベターホームの先生が紹介したレシピです。シニア世代が敬遠しがちないもを使った「いももちのバター焼き」。手軽に作れて、食べやすいレシピです。ブロッコリーや具などを入れたアレンジもおすすめ。アレンジレシピはこちら。

材料 
【2人分】
じゃがいも…中2個(約300g)
[A]
・塩…ひとつまみ
・かたくり粉…大さじ4
・水…大さじ2~3

・バター…10g





作り方
【1】

じゃがいもはよく洗い、皮付きのままぬらしたペーパータオルで包んでからラップでふんわりと包む。電子レンジで約6分(500w)、竹串がすっと通るまで加熱する。
※ペーパータオルで包んでから電子レンジにかけると、加熱むらがなくなって皮もむきやすくなる。

【2】
皮をむき(やけどに注意)、ポリ袋に入れてつぶす(めん棒やラップの芯などを袋の上からころがすと、ラクにつぶれる)。袋の中に塩ひとつまみ、かたくり粉大さじ4を加えて混ぜ、水大さじ2~3を少しずつ加減して加え、耳たぶくらいのやわらかさになるまでこねる。

【3】
袋に入れたまま直径3cm程度の棒状にまとめ、ポリ袋を切り開いて12等分に切る。

【4】
フライパンにバターを入れて溶かし、中火で色よく焼く。裏返してふたをし、弱火で4~5分焼いて中まで火を通す。

◎冷凍しておくと便利

こねたいももちは冷凍できる。作り方【3】で、切ってから、食べる分ずつ小分けにしてラップに包んで保存袋に入れ冷凍。
食べるときは、解凍せずにそのままフライパンで焼く。電子レンジで加熱してから、みそ汁やスープなどに加えてもおいしく食べられる。

【いももちのアレンジ】

  • ブロッコリー入り 6個分
    いももちの生地(半量・150g)に、やわらかくゆでたブロッコリーのつぼみの部分約30g(レンジで加熱してもよい)を混ぜこむ。直径3cm程度の棒状にまとめ、6等分する。バター10gで焼く。
  • 具入り 4個分
    いももちの生地(半量・150g)を直径3cmの棒状にまとめ、8等分にする。2切れの間に具をはさんで包み、形を整える。バター5gで焼く。

具のアイデア:コンビーフ(1個あたり10gを入れる)、スライスチーズ(1個あたり1/4枚を折って入れる)、しらす干し(1個あたり10gを入れる)、ひじきの煮もの(1個あたり10gを入れる)
ほかに、さけフレーク、ツナ、コーンなどでも。

【シニア世代にこちらのレシピもおすすめ】
 シニア世代が敬遠しがちな肉を使った「豚肉のくず打ち」  

【シニア世代におすすめの本】
 
つるかめ食堂 60歳からの健康維持レシピ
高齢になってからも、メタボ予防を意識するあまり、中年期と同様に節制ばかりしていると、“低栄養”から老化が早まります。老化の大きな原因は栄養が足りないこと。いつまでも元気でいるために、中年期を過ぎたら、しっかり食べましょう。ベターホームの先生の実体験を元にした、歯が悪いなどの食の悩みを解消する調理法や、ラクに作る工夫などを折りこんだ健康レシピを紹介します。


つるかめ食堂 子が親に作りおくごはん
高齢になると、調理や買物の不自由、歯のトラブルなどで食事をおろそかにしがち。でも、栄養不足が続くと、老化が加速して、寝たきりになることもあります。そんな高齢の親に、いつまでも元気でいてもらうために、子が親の食事の手助けをしませんか。お年寄りが食べやすい食事作りのポイントや、冷凍や宅配のコツなど、忙しい暮らしの中でも実践しやすいヒントが満載。

つるかめ食堂 60歳からの健康維持レシピ 購入はこちら
つるかめ食堂 子が親に作りおくごはん 購入はこちら

PAGETOP