季節の手作り

ばらのアップルパイ

思わず目がとまる可憐なばら。
お茶請けにお土産にと、出せばウケること間違いなし。出回り始めた旬のりんごで作ってみては?

りんごは世界中で愛され続けてきました。味だけでなくヘルシーさもその理由。「1日1個のりんごは医者を遠ざける」といわれます。丸くかわいらしい姿の中に、情熱的な力を秘めているように思いませんか。なんといっても、りんごはバラ科の植物ですから。




材料(6個分)
・冷凍パイシート…1枚(100g *1)
・りんご *2 …1個(1個200g・やや小ぶり)

[A]
・グラニュー糖… 大さじ1
・バター (細かく切る)… 5g
・レモン汁… 小さじ1

・あんずジャム…大さじ1
・シナモンパウダー…少々
・とき卵…大さじ1

*1 商品によって大きさや枚数は異なります。重量をめやすに使ってください。
*2 皮の赤色が出て酸味があるので、紅玉やジョナゴールドがおすすめ。

作り方
〈りんごの準備〉

【1】
りんごは皮つきのまま半分に切り、スプーンで芯をくり抜く。横向きにし、端から2~3mm厚さに薄く切る。

【2】
【1】を耐熱皿にのせ、A(グラニュー糖大さじ1、細かく切ったバター5g、レモン汁小さじ1)を散らす。ラップをふんわりとかけ、電子レンジで約2分(500w)加熱する。

【3】
そのままさまし、ペーパータオルで汁気をよくおさえる(パイ生地がしめらないように)。

〈パイ生地の準備〉
[冷凍パイシートはようやくのばせる程度のかたさで作業し、だれてきた場合は冷蔵庫で休ませる]
シートを等分して6切れにする。1切れずつ約30cm長さ(幅約2cm)にめん棒でのばす(縦に置き、中央から上下にのばすとよい)。

〈形を作る〉
[オーブン皿にオーブンシートを敷く。オーブンは200℃(ガスなら180℃)に予熱する]

【1】
パイ生地1切れにつき、あんずジャム1/6量を広げ、りんご7~8枚をずらしながら並べる(りんごの上半分がはみ出す位置に置く)。シナモンをふる。

【2】
端から巻き、端の生地をつまんでとめる。

【3】
側面のパイ生地にとき卵を塗る。

〈焼く〉
200℃(ガスなら180℃)のオーブンで約10分焼く。りんごがこげないようにアルミホイルをかぶせ、180℃(ガスなら160℃)に温度を下げて、さらに約10 分焼く。網にとり、さます。

※当ページのコンテンツは、ベターホームのお料理教室の受講生の方のための会報誌「Betterhome Journal」2019年9月号掲載の内容を、Web記事として再掲したものです。

ベターホームのお料理教室の受講生向け会報誌「Betterhome Journal」

「おいしいって、しあわせなこと。」をキャッチフレーズに、 料理レシピや食についての情報を掲載しています。2019年9月号の特集は「秋においしい魚を食べる」。食欲の秋、魚も脂がのりおいしい季節。身近な魚で、いろいろな料理に挑戦してみませんか。

PAGETOP