かんたん美味レシピ

飲むコーヒーゼリー

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。

牛乳と一緒に飲むタイプのコーヒーゼリー。生クリームでコクをプラスして、リッチな味に仕上げます。人気のタピオカドリンク用に売られている、太めのストローでどうぞ。
粉ゼラチンは、いったん水にふやかしてから固めたい液体に加えて溶かすのが一般的でしたが、最近は「ふやかし不要タイプ」が主流。手間が省けて手軽です。





材料
【2人分/1人分176kcal】
・インスタントコーヒー…大さじ1(3g)
・水…250ml
・砂糖…20g
・粉ゼラチン(ふやかし不要タイプ)…5g
・牛乳…100ml
・生クリーム…大さじ2

〈シロップ(市販のガムシロップでも)〉
・砂糖…15g
・水…大さじ1

 

作り方
【1】
〈ゼリーを作る〉
鍋に水250mlを沸騰させ、インスタントコーヒーと砂糖20gを加えて溶かす。火を止め、熱いうちにゼラチンをふり入れてよく溶かす。
【2】
ボールなどに移してさまし、あら熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固める(調理時間に含まない)。
【3】
〈シロップを作る〉
小鍋にシロップの材料(砂糖15g、水大さじ1)を入れ、約1分、ごく弱火にかけて砂糖を煮溶かす。さましておく。
【4】
〈仕上げ〉
固まったゼリーを泡立て器やフォークでくだく。グラス2つに入れ、牛乳と生クリームを半量ずつそそぐ。好みの量のシロップを加える(1人あたり小さじ1がめやす)。

◎メモ 風味に変化を
【1】でゼラチンを入れたあと、バニラエッセンスを加えると、風味がぐっと豊かになります。コーヒーリキュール(「カルーア」がよく知られています)なら大人の味に。

献立の例 ビスケット

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2019年7月27日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2001年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP