かんたん美味レシピ

スペアリブのバーベキューロースト

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。

食べごたえのあるスペアリブを、コクのある甘酸っぱいバーベキューソースで焼きました。大人にも子どもにも好まれる味です。
下味はポリ袋で、前の晩からでもつけておけます。手間がかからず、あと片付けがラクなのもうれしいところ。バーベキューに出かけるなら、袋のまま持っていけます。あとは網や鉄板で焼くだけ。こがさないようようすをみながら、じっくり焼きましょう。
調理時間は、つけおく時間、オーブンを予熱する時間を除きます。





材料
【2人分/1人分629kcal】
・豚スペアリブ(約5cm長さのもの)…400g
・たまねぎ…15g
・にんにく…小1片(5g)
[A]
・トマトケチャップ…大さじ11/2
・しょうゆ…大さじ1
・サラダ油…大さじ1/2
・黒こしょう…少々
〈つけあわせ〉
・サラダ菜…4枚
・ミニトマト…4個

作り方
【1】
たまねぎとにんにくはすりおろして厚手のポリ袋に入れる。
【2】
【1】にA(トマトケチャップ大さじ11/2、しょうゆ大さじ1、サラダ油大さじ1/2、黒こしょう少々)を加える。スペアリブを入れてよくもみ、袋の空気をできるだけ抜いて口を結ぶ。冷蔵庫に入れ、2時間~ひと晩つけおく。
【3】
オーブンを210℃(ガスなら200℃)に予熱する。オーブン皿にオーブンシートを敷く。【2】のスペアリブをのせ、オーブンで約20分焼く(途中で上下を返す)。
【4】
皿に盛り、サラダ菜とミニトマトを添える。

◎メモ スペアリブ
バーベキューでおなじみの食材である、豚の骨つきバラ肉です。適度に脂肪があり、骨のうま味も出る部位。手で持って豪快にかぶりつくのがいちばんですが、焼く前にあらかじめ骨にそって切り目を入れておくと、少し食べやすくなります。

献立の例 たまねぎとハムのマリネ、おにぎり

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2019年4月27日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2001年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP