かんたん美味レシピ

ごはんのグラタン

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。

余ったごはんやお家にある材料で作れるグラタン。がんばる人の夜食にも喜ばれそうな一品です。
ちょっと面倒だと思われがちなホワイトソースは作らず、小麦粉と牛乳を加えながらひとつのフライパンで作り上げるので、とても手軽。小麦粉がダマにならないように、牛乳は少しずつ加えましょう。
材料に火は通っているので、オーブンでは焼き目をつけるだけ。オーブントースターや魚焼きグリルでも焼けますが、オーブンよりこげやすいので気をつけてください。





材料
【2人分/1人分412kcal】
・温かいごはん…150g
・ねぎ…1/2本(50g)
・ツナ缶詰(油漬け、フレークタイプ)…小1/2缶(35g)
・バター…10g
・塩…少々
・小麦粉…大さじ11/2
・牛乳…200ml
・粉チーズ…10g
・こしょう…少々
・ピザ用チーズ…40g

 

作り方
【1】
ねぎは小口切りにする。ツナ缶は汁気を軽くきっておく。
【2】
大きめの深さがあるフライパンにバターを中火で溶かす。ごはんを加えて手早くほぐしながらいためる。
【3】
【2】に【1】と塩を加えて混ぜる。小麦粉を加えて火を弱め、こげないように混ぜながら2~3分炒める。牛乳を少しずつ加え、なじんだら粉チーズとコショウを加えて混ぜ、火を止める。
【4】
【3】をグラタン皿(耐熱皿)に入れ、ピザ用チーズを散らす。240℃のオーブン(ガスオーブンなら230℃)で約10分焼く。

◎メモ うま味はおまかせ
ツナ缶はマグロやカツオが原料。和洋中を問わずうま味の材料として大活躍します。このグラタンもツナ缶が「うま味担当」。おかげで複雑な調味料は必要ありません。油漬けと水煮がありますが、ここではコクのある油漬けを使いました。

献立の例 アスパラのグリーンサラダ、ベーコンのコンソメスープ

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2019年3月30日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2001年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP