かんたん美味レシピ

チョコとグラノーラのドロップクッキー

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」で、連載中のおすすめレシピです。
ザクザクがおいしい スプーンですくった生地を落として(drop)焼く、ドロップクッキー。カリッとした歯ざわりを、グラノーラでさらにアップさせています。ドライフルーツ入りなら赤や黄色が加わってかわいらしい。コーンフレークを使ってもOKです。





材料
【20枚分/1枚分63kcal】
・バター…60g
・砂糖…30g
・とき卵…1/2個分
[A]
・薄力粉…40g
・ココアパウダー…小さじ1
・ベーキングパウダー…小さじ1/3

・グラノーラ…60g
・板チョコ(ブラック、1cm角にきざむ)…50g

準備
・バター、卵は室温にもどす。
・A(薄力粉40g、ココアパウダー小さじ1、ベーキングパウダー小さじ1/3)は合わせてふるっておく。
・オーブン皿にクッキングシートを敷く。
・オーブンは170℃(ガスオーブンなら160℃)に予熱する。

作り方
【1】
バターを泡立て器で混ぜてクリーム状にし、砂糖を加えて白っぽくなるまでよくすり混ぜる。
【2】
卵を【1】に少しずつ加えてそのつどよく混ぜる。
【3】
Aを加えてゴムべらで混ぜる。粉気がなくなったらグラノーラと2/3量のチョコを加えて混ぜる。
【4】
生地をスプーンで1杯ずつすくい、クッキングシートに間隔をあけて20個並べる。スプーンで平たく形をざっと整える。
【5】
残りのチョコを20枚に均等にのせ、170℃のオーブン(ガスなら160℃)で16~17分焼く。
【6】
焼けたらすぐにオーブンから出して網にとり、そのままさます。

◎メモ 
バレンタインの気軽なプレゼントにぴったりな、ラフな風合いのクッキー。【1】でよく混ぜ、【2】で少しずつ混ぜるのがポイントです。食感をそこなわないよう、さめたら、湿気を防げる保存袋などに入れましょう。

献立の例 ミルクティー

※当ページのコンテンツは、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」で連載している「かんたん美味」2019年2月9日の掲載の内容をWeb記事として加筆・修正したものです。「少ない材料で、手間をかけずにおいしく!」をモットーに、2001年より、毎週1品、かんたんでおいしい料理を紹介しています。

日本経済新聞土曜版「NIKKEI プラス1」
・公式サイト https://style.nikkei.com/plus1?n_cid=LMNST004
・公式twitter https://twitter.com/nikkei_plus1
※外部サイトにつながります

PAGETOP