チーズを楽しもう

ミモレットのチーズスコーン

チーズをよく知って料理に活用し、新しいおいしさ&楽しさに出会いましょう。
熟成させ、コクの増したハードタイプ。今回紹介するのは「ミモレット」を使ったレシピです。

材料【8個分】
ミモレット…50 g
バター…30 g
[A]
とき卵…1個分
牛乳…大さじ1
[B]
薄力粉…150 g
ベーキングパウダー…小さじ1
塩…小さじ1/6
ローズマリー(細かく切る)…少々
打ち粉[薄力粉…少々]
はちみつ…適量




作り方【40分(冷やす時間、おく時間は除く)】
【1】
ミモレットとバターは5㎜角に切る。Aのとき卵から小さじ1をとりおき、残りでAを合わせる。それぞれ冷蔵庫で冷やしておく。
【2】
ボールにBをふるい入れる。バターを加え、ケーキカードやスケッパーで、そぼろ状になるまで混ぜる。ミモレット、塩、ローズマリー、Aを加えて切り混ぜ、生地をまとめる。
生地を合わせるときは、ケーキカードなどを使い、生地を半分に切っては上に重ねるようにします。こうすると層に重なり、サックリ感が出ます。

【3】
【2】をとり出して半分に折る。向きを変え、軽くのばして折ることを2回くり返す。ラップ
に包み、冷蔵庫に約1時間おいて休ませる。
【4】
まな板に打ち粉をして【3】を12㎝角の正方形にのばす。包丁で4等分し、さらに半分の三角形に切る。生地の断面にふれないように行う。
【5】
クッキングシートに並べ、上の面にとりおいたとき卵を塗り、ローズマリーの葉少々(材料外)をのせる。190℃(ガスなら180℃)のオーブンで15~20分、表面が薄く色づくまで焼く。
【6】
盛りつけ、はちみつを添える

※当ページのコンテンツは、「月刊ベターホーム」本誌2018年10月号掲載の内容を、Web記事として再掲したものです。

 

PAGETOP