季節の手作り

クリスマス・クッキー

ヨーロッパの伝統的なクリスマスのお菓子には、スパイスが使われているものが多くあります。このクッキーも、鼻先をくすぐるジンジャーやナツメグが風味豊かで、ついつい手が止まらなくなります。アイシングはシンプルに1色で上品なかわいらしさに。小さな穴を作ってひもを通せばツリーのオーナメントにも。手作りしてクリスマスを待つ、わくわくした時間も楽しみのひとつです。





材料(好みの抜き型で20~30枚分)
・バター …70g
・三温糖 …70g
・とき卵 …大さじ2(卵約1/2個分)
・しょうが汁*… 小さじ2

【A】
・薄力粉 …150g
・ベーキングパウダー …小さじ1
・ココア**… 小さじ1
・シナモン(粉)… 小さじ1~11/2
・ナツメグ …小さじ1/4
・塩・こしょう… 各少々

【アイシング】
・粉糖… 30g
・牛乳…小さじ1

* しょうが約20gをすりおろしてしぼる。
** 砂糖や乳製品を加えていないもの。

【準備】
・ バターは薄く切り、ボールに入れて室温におき、やわらかくする。
・三温糖はふるう。
・オーブン皿にクッキングシートを敷く。

作り方
【1】
バターを泡立器で混ぜ、三温糖を3回に分けて加え、よくすり混ぜる。クリーム状になったら、とき卵を2回に分けて加えてすり混ぜ、しょうが汁を加えてさらに混ぜる。
【2】

A(薄力粉 150g、ベーキングパウダー・ココア各小さじ1、シナモン(粉)小さじ1~11/2、ナツメグ小さじ1/4、塩・こしょう各少々)は合わせ、【1】にふるいながら加える。ゴムべらにかえ、切るように混ぜる。
【3】

粉気がなくなったら生地をまとめて、大きめのポリ袋に入れるか、ラップにはさむ。めん棒で3~4㎜厚さにのばし、冷蔵庫で1時間以上休ませる。

【4】


オーブンは210℃(ガスなら200℃)に予熱する。ポリ袋を切り開き、生地がやわらかくなる前に手早く好みの型で抜いてオーブン皿にのせる。残った生地はまとめて再度のばし、型で抜くか切り分ける。オーブンに入れ、すぐに温度を170℃(ガスなら160℃)に下げて約20分焼く。

【5】
網などにとってさます。アイシングの材料(粉糖30g、牛乳小さじ1)を合わせ、しぼり袋に入れて、好みのもようを描く。

Point!しぼり袋はポリ袋で作れます
しぼり袋がない場合、ポリ袋で代用できます。袋の底のふちを切り落とし、角を少し切るだけ。角を大きく切ると太め、小さく切ると細めの線が描けます。

 

 

 

※当ページのコンテンツは、ベターホームのお料理教室の受講生の方のための会報誌「Betterhome Journal」2018年11月号掲載の内容を、Web記事として再掲したものです。

2018年11月新創刊!「Betterhome Journal」

「月刊ベターホーム」が 2018年11月号より、 ベターホームのお料理教室の受講生向け会報誌にリニューアル︕ 「おいしいって、しあわせなこと。」をキャッチフレーズに、 料理レシピや食についての情報を掲載しています。

 

PAGETOP