先生のお取り寄せ

御城之口餅<本家菊屋>

奈良県大和郡山市に実家がある藤岡先生。帰省みやげと一緒に必ず自宅の分も買ってしまうという「御城之口餅」を紹介してくれました。
大和郡山の地に400年続くこの銘菓は、一説には全国の鶯餅の原型ともいわれる、粒あん入りきな粉もちです。元は豊臣秀吉をもてなすために献上され、秀吉が「鶯餅」と名づけた茶菓ですが、郡山城の大門を出て町人街の1軒目のお店に売っていることから、いつしか「お城の入り口で売っているお餅」を意味する「御城之口餅」の通称で呼ばれるようになりました。
あんには国内最高級のあずき、丹波大納言の大粒だけを厳選して使用。もち米、きな粉にも、こだわりぬいた国産品だけが使われています。
上質な材料が生み出すおいしさに、戦国武将も相好をくずしていたのかもしれません。


6個入りの箱は、縦長の形がスタイリッシュ。


ベターホームのお料理教室
柏教室 藤岡圭子先生

おすすめのポイント
とろけるようなもちとあんが口の中でからみます。食べやすい大きさで、ひと口でパクッと食べてしまうことも。上品な味と香りに選び抜かれた素材のよさを感じます。

御城之口餅商品情報
6個入り、税抜649円(税込700円、送料別)(15個、20個、30個、40個、63個入りも)
日もち:自然解凍後2日、冷凍保存では30日
注文方法:電話・インターネットで
配送:冷凍便

問い合わせ先
本家菊屋
TEL 0743-52-0035
http://kikuya.co.jp/
※外部のウェブサイトにつながります

※表示の価格や内容量等は掲載日時点の情報です。掲載した時点以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。






※当ページのコンテンツは、「月刊ベターホーム」本誌2017年4月号掲載の内容を、Web記事として再掲したものです。

PAGETOP