月刊ペターホーム

「月刊ベターホーム」は、全国で料理教室を開催しているベターホーム協会が発行する雑誌です。毎月、旬の料理レシピと楽しい読みもの、暮らしに役立つ情報を掲載しています。

年間購読を申し込む 立ち読みする バックナンバー

【購入方法】

●富士山マガジンサービス(下記)よりお申し込みください。
【お電話でのご注文】
フリーダイヤル 0120-223-223(年中無休・24時間受付)
【インターネットでのご注文】
http://www.fujisan.co.jp/pc/bhome(外部のウェブサイトにつながります)
※請求先とお届け先を分けることも可能です(プレゼントなど)。
 ただしお届け先、請求先ともに日本国内にかぎります。
2016年1月号

年間購読を申し込む

立ち読みする バックナンバー

読者プレゼント応募

料理特集:板チョコスイーツ

2月14日はバレンタインデー。今年はおいしいチョコスイーツを手作りしてみませんか。使うのは、コンビニやスーパーで手に入りやすい板チョコ。手軽に手に入る材料で、本格的なスイーツに挑戦できます。プレゼント用に、おうちでのデザート用にと、いくつも作りたくなるはず!

板チョコ1枚、卵1個で作れる「ガトーショコラ」。プレゼントするときは、1人分ずつ切り分けて。
「マーブルチョコマフィン」は、カカオ分の高いチョコとホワイトチョコをぜいたくに使った一品。
おうちバレンタインなら、こんな温かいスイーツはいかが? ボール1つで作れる「フォンダンショコラ」。

魚をさばく:海老

旬の魚介をおろしたり、さばいたり。上手な扱い方と、さばいた魚で作るレシピをご紹介。

今回は「えび」。多種ありますが、背わたの処理はみな同じ。料理に合わせて、切り目を入れるなどの処理を。
じゃがいもの蓑笠をまとった姿が目を引く「えびの蓑揚げ」。プリプリのえびが甘くておいしい。
「えびの鬼殻焼き」は、殻つきのまま背を開いて焼いた一品。勇敢な武士にも見え、具足焼きとも呼ばれます。

野菜ごよみ:ねぎ

冬には冬の、春には春のおいしい野菜をたっぷり味わいましょう。毎月、旬の野菜をとりあげ、選び方や旬と栄養、保存方法などの扱い方と、まるごと食べつくせるおすすめのレシピをご紹介します。

今月は「ねぎのチョレギサラダ」「ねぎねぎ肉どうふ」「ねぎのぐるぐるフリット」など、ねぎを使った6つのレシピを。ねぎをおいしく食べるコツなどの、知って得する情報もお役立てください。

かあさんの味:ぜんざい・おしるこ

おいしくて、どこか懐かしい…そんな料理がきちんと作れたらかっこいい! これまでも、これからもずっと残したい「かあさんの味」を、プロセス写真入りでていねいにお教えします。

寒さの厳しい季節にうれしい、温かい甘味を作りましょう。あずきを弱火でコトコトと煮て、ぜんざいとおしるこを作ります。あんを手作りすると、甘さややわらかさを調節できます。素朴な味わいに、心も体もほっとするはず。

特集記事:知っていますか? ピロリ菌のこと

「ピロリ菌」という最近の名称を、だれしも一度は耳にしたことがあるはず。しかし、具体的にどのようなものなのか、正確に理解している人はいないのでは。ピロリ菌について知っておきたいことを解説します。

なるほどキッチン:食パン&フランスパン

お料理初めてさんも、ベテランさんも、ポンと手をうつ「なるほどキッチン!」。毎回、知っているようで知らない料理のコツが満載です。

今回は、パンの定番、食パンとフランスパンの豆知識をお届けします。知っているようで知らない、切り方のコツや活用法を、ぜひチェックしてください!

粉もんレシピ:チヂミ2種

小麦粉は、ちょっと手をかければ、おやつにもごはんにもなる魔法の粉。定番からあこがれの料理まで、おいしい「粉もん」をご紹介。

旬のかきと春菊をたっぷり使ったチヂミ。多めの油で焼いて、外はカリカリ、中はもっちりの食感に仕上げます。もう一種はじゃがいもを使ったひと口サイズのチヂミ。こちらも絶品です!

ベターホームのSWEETS CAFE:レーズンバターサンド

手作りお菓子と、おいしいドリンクで、おうちカフェしませんか。詳しいプロセス写真つきのレシピをご紹介。すてきなテーブルセッティングも参考になるはず。

ざっくりと香ばしく焼いたサブレに、ふわっと口当たりの軽いバタークリームをはさみます。溶けやすいバターを使うので、冬のお菓子作り向き。この時期ならではのスイーツ作りを楽しみませんか。

そのほか、注目のコーナーは..

食べぐすり 高血圧を防ぐための減塩「ブロッコリーの桜えびがけ」「粕汁」
20分以内のわが家のかんたんおかずレシピ 忙しい日でもすぐに作れる、おいしいおかず
「コテージパイ」「豚肉とれんこんのマーマレード煮」「はくさいとささみのザーサイあえ」など
誌上料理写真教室 〈おいしい瞬間を上手に撮る〉
大地からの贈りもの 〈カリフラワー〉
食品メーカーに聞く、麩のおいしい話
五・七・五でおぼえるキッチンそうじ 〈ストック食品の整理〉

1月号の読者プレゼント

月刊ベターホーム1月号79ページに記載されている「キーワード」が必要です。
ご応募される方は、ボタンをクリック。締切:2016年2月5日24時
締切となりました

ベターホームの手作りケフィア(1箱20袋) 5名様

6種類の乳酸菌と酵母を複合発酵させて作る発酵乳。ケフィア菌を牛乳に加えてパックをふり、あとは室温におき、発酵を待つだけで作れます。酸味が少なくマイルドな味が特徴。ベターホームの料理教室の先生たちが選ぶおすすめ食品第一位に輝きました。

■[価格]2,200円/[1箱の内容量]1g×20袋/[賞味期間]製造から1年(要冷蔵)/「10袋」「お試し2袋」の商品もあります/ベターホームの各教室、通信販売にて

ページの先頭へ