月刊ペターホーム

2018年10月号をもって休刊となりました

「月刊ベターホーム」は、全国で料理教室を開催しているベターホーム協会が発行する雑誌です。毎月、旬の料理レシピと楽しい読みもの、暮らしに役立つ情報を掲載しています。

立ち読みする バックナンバー

【購入方法】

●富士山マガジンサービス(下記)よりお申し込みください。
【お電話でのご注文】
フリーダイヤル 0120-223-223(年中無休・24時間受付)
【インターネットでのご注文】
https://www.fujisan.co.jp/product/1281692058/b/list/(外部のウェブサイトにつながります)
※請求先とお届け先を分けることも可能です(プレゼントなど)。
 ただしお届け先、請求先ともに日本国内にかぎります。
2014年2月号

立ち読みする バックナンバー

料理特集:あんこカフェへようこそ!

あんこのおやつ、好きですか? 手軽に買える市販のあんこや、缶詰のゆであずきでかん たんにおやつが作れるんです。ゆであずきやあんこは、実はとっても自由な素材。和風はもちろん、洋風の味ともよく合います。ちょっと甘いものが食べたいときや、お茶のおと もにもぴったり。寒い冬、おうちでのんびりとあんこカフェを楽しんでみてください。

「あんこクロワッサンサンド」。サクサクのクロワッサンに、あんこクリームがぴったり。おやつや朝ごはんに。
「ひなどら焼き」。いちごをのせたこしあんと白あんを、おひなさまに見立てて。春の気分を感じるおやつです。
「おいも入りういろう」。もっちり食感のひと口和菓子。電子レンジで作れるから、かんたん!

おかずのタネ:牛肉のワイン煮

アレンジ自在、“タネ”としてさまざまなメニューに変身するおかずと、アレンジ料理を3つ紹介。

今月のタネは「牛肉のワイン煮」。ワインとウスターソースが香る洋風味。手ごろな切り落とし肉で作れます。
野菜にお肉をのせるだけで、おかず感覚のサラダに変身。「牛肉のごちそうサラダ」。
子ども向けに作るなら、こしょうは控えめに。食感の違いが楽しい「牛肉とレンコンのペッパー炒め」。

野菜ごよみ:菜の花

冬には冬の、春には春のおいしい野菜をたっぷり味わいましょう。毎月、旬の野菜をとりあげ、選び方や旬と栄養、保存方法などの扱い方と、まるごと食べつくせるおすすめのレシピをご紹介します。

今月は「菜の花」。「菜の花の韓国風混ぜごはん」「菜の花のかき揚げ」など、菜の花をまるごと食べつくす、6つのレシピをご紹介。

ときどき・てしごと:ドライフルーツのコンポート

時間のある休日は、のんびりとキッチンに立ちませんか。食卓がより豊かになる手作りレシピです。プロセス写真とていねいな解説つきなので、初めてでも大丈夫。

お菓子作りに使われる、ドライフルーツのリキュール漬けを手早く作れるようにアレンジしました。わずか5分煮るだけで、ドライフルーツがシロップを含んで、やわらかく風味もアップ。ワインのこっくりした味わいが上品です。

特集記事:正しい「かみ合わせ」で健康に

いつも何気なくしている「かむ」という行為。でも、ちゃんとかめていないと、人生において非常に重要な、食事の楽しみが奪われてしまいます。また、肩こりや腰痛、さらには睡眠障害や認知症の要因になることもありえます。

歯は一生使うもの。大切にして、きちんとかんで「健“口”長寿」をめざします。

なるほどキッチン:手巻きずしを作ろう

お料理初めてさんも、ベテランさんも、ポンと手をうつ「なるほどキッチン!」。毎回、知っているようで知らない料理のコツが満載です。

手軽に用意ができる手巻きずし。「すしめし作りのポイントは?」「ネタ選びのコツは?」「のりをおいしく巻くには?」などなど、おいしさ、楽しさ倍増の秘訣をマスターしましょう。

ベターホームのSWEETS CAFE:ゆずのマドレーヌ/カモミールティー

手作りお菓子と、おいしいドリンクで、おうちカフェしませんか。詳しいプロセス写真つきのレシピをご紹介。すてきなテーブルセッティングも参考になるはず。

ころんとした形がかわいい、どこかなつかしいお菓子。レモンで風味をつけるのがおなじみですが、今回は黄色いゆずを加えてみました。果汁といっしょに皮も加えると、風味がグッとひきたちます。ゆずが並ぶ季節に、ぜひお試しください。おだやかな気持ちになれるカモミールティーも一緒に、午後のお茶をどうぞ。

そのほか、注目のコーナーは...

●エッセイ とほほごはん/津村記久子
うちの平日おかず帖 かんたんで経済的、旬の食材を使ったおすすめおかず。
「牛肉の黒酢炒め」「はくさいと豚ばらのスープ煮」「かぶのみぞれ汁」など
復刻版 かあさんの知恵 【如月】
わたしのエプロン
食品メーカーに聞く、きび砂糖のおいしい話
酒つま お酒を愛する方に贈るおつまみ3ステップレシピ。
杏露酒に合う、「えびとセロリのマヨネーズあえ」「ピータンどうふ」
私がベターホームのお料理教室に入った理由
柏教室・20代女性「ベターホームのレシピで毎日お料理。初心者からだんな様も認める腕前に」

 

 

 

ページの先頭へ