月刊ペターホーム

2018年10月号をもって休刊となりました

「月刊ベターホーム」は、全国で料理教室を開催しているベターホーム協会が発行する雑誌です。毎月、旬の料理レシピと楽しい読みもの、暮らしに役立つ情報を掲載しています。

立ち読みする バックナンバー

【購入方法】

●富士山マガジンサービス(下記)よりお申し込みください。
【お電話でのご注文】
フリーダイヤル 0120-223-223(年中無休・24時間受付)
【インターネットでのご注文】
https://www.fujisan.co.jp/product/1281692058/b/list/(外部のウェブサイトにつながります)
※請求先とお届け先を分けることも可能です(プレゼントなど)。
 ただしお届け先、請求先ともに日本国内にかぎります。
2015年2月号

立ち読みする バックナンバー

料理特集:おいしい! うす塩おかず

味が濃い外食や市販品ばかり食べていると、知らぬ間に舌が慣れ、「おいしさ」と「塩からさ」を混同しがちに。今回は“調理で塩分を減らすコツ”をとりあげ、“家庭ならではの塩分ひかえめでおいしい料理”を紹介。自分や家族の味覚チェックに、そして健康のために、ぜひ、お試しください。日ごろの食習慣が、10年先の健康をつくります。

この汁を作って、味がとてもうすいと感じたら、あなたは“濃い塩”舌かも!? 「だしのおいしいすまし汁」。
香辛料をきかせてうす塩に「ブリのカレーソース」。香りとコクのあるカレーソースで、下味の塩は省略。
旬のほうれんそうと桜えびのうま味、ごまの香りで、塩分は少しで大丈夫。「ほうれんそうの桜えびナムル」。

おかずのタネ:煮しめ風根菜のだし煮

 アレンジ自在、“タネ”としてさまざまなメニューに変身するおかずと、アレンジ料理を3つ紹介。

今月のタネは濃いめのだしを含ませた「煮しめ風根菜のだし煮」。そのまま食べてもおいしく、アレンジも手軽。
だしのうま味たっぷりのタネが、辛味のきいた韓国風料理にイメージチェンジ! 「根菜ととり肉のピリ辛煮」。
わずかな時間で、具だくさんの汁のできあがり。寒い季節にぴったりの「根菜のスピード豚汁」。

野菜ごよみ:三つ葉

冬には冬の、春には春のおいしい野菜をたっぷり味わいましょう。毎月、旬の野菜をとりあげ、選び方や旬と栄養、保存方法などの扱い方と、まるごと食べつくせるおすすめのレシピをご紹介します。

今月は「三つ葉」。「三つ葉とほたてのスパゲティ」「三つ葉と春雨のサラダ」「三つ葉ともやしの中華あえ」など三つ葉を使った6つのレシピを。三つ葉をおいしく食べるコツなどの知って得する情報もお役立てください。

かあさんの味:クリームシチュー

おいしくて、どこか懐かしい…そんな料理がきちんと作れたらかっこいい! これまでも、これからもずっと残したい「かあさんの味」を、プロセス写真入りでていねいにお教えします。

「かあさんの味」は和食に限りません。洋風の「クリームシチュー」もそんなかあさんの味のひとつ。市販のルーを使わずに作るので、少々手間はかかりますが、いくらでも食べられそうなおいしさ。野菜がたっぷりととれて、心も体も温まります。

特集記事:きちんと知りたい 高血圧のこと

日本の高血圧患者は推定4000万人といわれ、血圧をコントロールすることが健康長寿のカギとなっています。ところが、血圧があがる仕組みや血圧と塩分の関係について、思いこみや誤解も多く、正しく理解している人は少ないのではないでしょうか。それではせっかく血圧を測っても意味がありません。高血圧について正しく理解して、予防と改善に役立てましょう。

なるほどキッチン:乾物のもどし方

お料理初めてさんも、ベテランさんも、ポンと手をうつ「なるほどキッチン!」。毎回、知っているようで知らない料理のコツが満載です。

栄養満点で備蓄にも役立つ乾物。もどすのがめんどうと思われがちですが、使ってみると意外と手軽に調理できます。保存方法やもどし方、もどし汁の利用法などをおさらいして、今夜のおかずに使ってみませんか。

粉もんレシピ:黒糖蒸しパン

 小麦粉は、ちょっと手をかければ、おやつにもごはんにもなる魔法の粉。定番からあこがれの料理まで、おいしい「粉もん」をご紹介。

 
大人も子どもも大好きな蒸しパン。黒糖と甘納豆を加えて、ちょっぴりなつかしい表情に仕上げました。蒸し器で蒸すと、蒸したてのふんわりとした食感が格別。湯気の香りも楽しめます。

ベターホームのSWEETS CAFE:みかんケーキとみかんのくず湯

 手作りお菓子と、おいしいドリンクで、おうちカフェしませんか。詳しいプロセス写真つきのレシピをご紹介。すてきなテーブルセッティングも参考になるはず。

ふんわりとやわらかなバターケーキに、みかんの果汁をたっぷりしみこませました。ケーキに使う柑橘では、オレンジがポピュラーですが、みかんの香りも負けてはいません。皮が薄めの小ぶりのみかんを使って作ってみてください。

そのほか、注目のコーナーは...

●健康常備菜ノート 
のどの風邪に効果のある「きんかんの砂糖煮」「切り干しだいこんと大豆のまだか漬け」
●20分以内のわが家のかんたんおかずレシピ 忙しい日でもすぐに作れる、おいしいおかず
「居酒屋風えのきつくね」「みそ煮こみうどん」「カリフラワーのホットサラダ」など
●復刻版 かあさんの知恵 [ご近所づき合い]
●大地からの贈りもの [うど]
●食品メーカーに聞く、お好みソースのおいしい話
●ちょいつま レシピもいらないかんたん酒肴 「えびせんカナッペ」「あとひき豆」
●五・七・五でおぼえるキッチンそうじ [キッチンの床]
●私がベターホームのお料理教室に入った理由
仙台教室 女性 「ベターホームに出会って“趣味は料理”になりました」

ページの先頭へ